入江、100背で大会新!3戦連続V決めた

[ 2011年6月13日 06:00 ]

 競泳の欧州グランプリ第3戦モナコ大会第1日は11日にモナコで行われ、男子100メートル背泳ぎでは入江陵介(イトマンSS)が大会新記録となる53秒47で3戦連続優勝した。

 古賀淳也(第一三共)は54秒13で2位、昨年の世界ランキング1位、カミーユ・ラクール(フランス)は54秒21で3位だった。女子200メートル背泳ぎの酒井志穂(ブリヂストン)は、今季世界2位に相当する2分7秒74の大会新で優勝。男子200メートル平泳ぎの立石諒(NECグリーン)は2分12秒93で勝ち、冨田尚弥(中京大)は2分14秒44で2位だった。男子200メートルバタフライは松田丈志(コスモス薬品)が1分55秒68で制した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース