さすが女王!アン・ソンジュ、スピーチも“快勝”

[ 2011年6月13日 06:00 ]

優勝したアン・ソンジュ

サントリー・レディース最終日

(6月12日 兵庫県神戸市・六甲国際ゴルフ倶楽部(6499ヤード、パー72))
 勝者は試合後の関係者によるパーティーでも主役だった。チャンピオンブレザーの前ボタンが閉まらなかったアン・ソンジュは開口一番、「サイズが小さいです。来年は合わせてください」とサイズアップをお願いした。さらに2年連続の賞金女王への意気込みを聞かれると「賞金ランク1位も重要ですが、私にはダイエットも重要です」と返して会場の笑いを誘った。

 心をつかんだ爆笑スピーチとは一転、ゴルフはしたたかだった。有村と首位で並んで迎えた最終18番。ティーショットを左のラフに曲げながらもピンが切ってある2段グリーンの上段に2オン。パーでしのいでライバルを振り切った。メジャー初戦のワールドレディースに続いて高額賞金大会を制し賞金ランクは1位に浮上。「(時期が早いので)あまり意味はない」と控えめに話したが、女王健在を強烈に印象づけた。

 ▼2位・李知姫 (優勝は)難しいなとは思っていた。本当に優勝したい。(1打差3位から出て、70で回るも1打届かず)

 ▼4位・茂木宏美 ちょっとパットのタッチが合わない一日だった。ティーショットが安定しないと先頭集団にはついていけない。(1打差から出るも3打及ばず今季2勝目を逃す)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース