さくら魅せた!驚がくの自己新6連続バーディー

[ 2011年6月13日 06:00 ]

通算9アンダーで9位の横峯さくら

サントリー・レディース最終日

(6月12日 兵庫県神戸市・六甲国際ゴルフ倶楽部(6499ヤード、パー72))
 2週連続優勝は果たせなかったが、横峯が驚がくの6連続バーディーで魅せた。

 10番でボギーを叩いてパープレーに戻した後、12番からギアが入った。得意のロングホールで2メートルにつけてバーディーを奪うと、13番で1メートル、14番で2メートルのバーディーパットを沈めるなど、さえたショットでバーディーを量産。17番は4メートルをねじ込み、09年のプロミスレディースでマークした5連続バーディーの自己ベストを塗り替えた。

 ツアータイ記録の7連続がかかった18番パー4はフェアウエーから第2打をバンカーに入れてしまいジ・エンド。それでも66のビッグスコアで17位から9位でフィニッシュした。「後半はいいプレーだったので、来週も優勝争いに加われる位置にいると思う。キープしていきたい」。次戦につながる手応えを得て、猛チャージの余韻もほどほどに気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース