66マーク 今田、今季最高タイ3位で終戦

[ 2011年6月13日 10:00 ]

 米男子ゴルフツアーのセントジュード・クラシックは12日、米テネシー州のTPCサウスウインド(パー70)で最終ラウンドを行い、12位でスタートした今田竜二は66で回り、通算8アンダーの272で3位に入り、5月のHPバイロン・ネルソン選手権の3位に続く好成績となった。

 67をマークしたハリソン・フレーザー(米国)が通算13アンダーで並んだロベルト・カールソン(スウェーデン)とのプレーオフを3ホール目で制して355試合目でツアー初優勝を果たし、賞金100万8千ドル(約8064万円)を獲得した。(AP=共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース