10連覇!V12!室伏、父に並び「光栄」

[ 2011年6月13日 06:00 ]

女子円盤投げで優勝した室伏

陸上日本選手権最終日

(6月12日 埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)
 女子円盤投げで、室伏が10年連続12度目の優勝。ハンマー投げの父・重信氏と連覇記録、優勝回数で並び「光栄に思います」と笑顔を見せた。

 昨年1月から股関節の痛みに悩まされてきたが、投てきのタイミングを変えるなど工夫。この日は「おととい(10日)にハンマーも投げて、あちこち痛かったので1投目に集中した」という51メートル85でVを決めた。参加標準記録B(59メートル50)にも届かず、世界選手権出場は厳しいが「ロンドンまでに(記録で)近づきたい」と前向きだった。

 【女子】▽円盤投げ(1)室伏由佳(ミズノ)51メートル85(2)高橋(筑波大)51メートル31(3)敷本(アーベント)49メートル17

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース