パット苦戦 美香23位も「収穫たくさんあった」

[ 2011年6月13日 10:08 ]

 米女子ゴルフツアーのステートファーム・クラシックは12日、米イリノイ州スプリングフィールドのパンサークリークCC(パー72)で最終ラウンドを行い、14位スタートの宮里美香は2バーディー、2ボギーの72と伸ばせず、通算9アンダーの279で23位だった。

 ヤニ・ツェン(台湾)が通算21アンダーで今季2勝目を挙げ、賞金25万5千ドル(約2040万円)を獲得した。クリスティ・カー(米国)が通算18アンダーで2位に入った。

 ▼宮里美香の話 パットが数センチで入らなかった。悔しいけれど、こういう日。でもショットはすごく安定していたし、収穫はたくさんあった。これからメジャーが続くので、体調を整えて思いっきりやりたい。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース