1メートル38“最小”寺本、初の代表候補入り

[ 2011年6月13日 06:00 ]

女子個人総合で4位に入り日本代表に選ばれた高校生の寺本

体操NHK杯兼世界選手権代表決定演技会最終日

(6月12日 国立代々木競技場)
 女子では15歳の寺本が4位で初の代表候補入りを果たし「テレビカメラが近くにあって緊張したけど、ノーミスでできたのがよかった」と笑顔を見せた。

 出場選手中最小の1メートル38だが、運動能力の高さを生かした跳馬を得意とする。初の大舞台となる世界選手権へ向けて「跳馬では高さを見てほしい。最高の演技をして笑顔で終わりたい」と意欲たっぷりだった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース