江里口「最後はバタバタ」も3連覇達成にホッ

[ 2011年6月13日 06:00 ]

男子100メートルを制した江里口(右から2人目)

陸上日本選手権最終日

(6月12日 埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)
 男子100メートル第一人者の江里口が苦しみながらも3連覇を達成。

 記録は10秒38と平凡だったが「最後はバタバタでしたけど、社会人(大阪ガス)1年目だったので、ホッとしている」と胸をなでおろした。春先からの調整遅れで、調子はいまひとつ。それでも「少しずつ走りがまとまってきた。自分の走りを取り戻すきっかけにしたい」と前向きだった。

 【男子】▽100メートル(1)江里口匡史(大阪ガス)10秒38(2)小谷(立命大)10秒40(3)川面(中大)10秒49

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース