2・5キロマグロ!25センチマアジ!にこにこ気分 釣果いまひとつでも活性これから

[ 2020年3月6日 13:41 ]

筆者が釣った25センチのマアジ
Photo By スポニチ

 【磯&堤防ガイド】ウツウツとした心で春を迎えてしまったが、こんな時こそ外遊びが必要。それには堤防釣りが最適。釣果はいまひとつでも、きっと気分は晴れ晴れ!(スポニチAPC・恩田 誠)

 春の花があちこちで咲き始めているが、海の中はまだ厳冬。例年より水温はやや高いものの魚の動きはまだ鈍い。こんな時は、アクセスが容易な釣り場で、のんびり気分で竿を出したい。

 根岸湾の護岸はJR根岸線の根岸駅や磯子駅から徒歩圏内。近くには公園やコンビニもあるので利便性も良い。護岸は広く長さもあるので、休日でもゆったりと竿が出せる。ただし一部に港湾施設や港の残置物があるので、すべての場所で釣りができるわけではない。

 一方、こうした構造物は魚の格好のすみかになっているので魚は豊富だ。ただし、今の時期は活性が低いので釣果に結び付くかどうかは腕と運次第。

 コンビニの前辺りでは常連がクロダイを狙っているので、家族連れには道の角付近がお薦めだ。根掛かりがやや多い場所なので、別図のようなシンプル仕掛けでチョイ投げを楽しみたい。メバルやカサゴが顔を出すかも。

 根岸湾に東へ突き出た先には「磯子海づり施設」がある。足場はやや高く釣り座の幅は狭いが、安全性は十分に配慮されている。

 入り口横には有料駐車場、管理棟では釣り小物、餌、スナック、飲み物などを扱っているので便利だ。

 釣り座の奥行きがないので遠投釣りは禁止だが、足下から水深があるので、チョイ投げでも釣果は期待できる。今の時期はメバルやカサゴ、ウキ釣りやサビキ仕掛けではウミタナゴが獲物の中心。

 私はウキ釣り仕掛けでメジナを狙ってみたがこの日は不発。それでもウミタナゴや20~25センチのマアジがヒットした。また、隣でルアーを投げていた人は2・5キロの大型マダコをゲットした。

 釣果はいまひとつでも外遊びはやはり楽しく、気分は爽快だ。

 ▼釣況 磯子海づり施設=(電)045(761)1931。施設の利用料は大人500円、小中学生300円。営業時間は午前9時から午後4時半。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る