名古屋の22歳MF杉森考起が結婚「これからは夫として…」W杯ブラジル大会に17歳で帯同

[ 2019年12月14日 16:14 ]

 J1の名古屋は14日、MF杉森考起(22)が今月、一般女性と結婚したと発表した。

 杉森はクラブを通じて「グランパスファミリーの皆さま、今シーズンもたくさんのサポートありがとうございました!私事ですが、入籍いたしました。これからは夫として、サッカー選手としても今まで以上に頑張ります。どうぞ応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

 愛知県出身の杉森は名古屋のアカデミー(育成部門)出身で、2014年にクラブ史上最年少でプロ契約。2013年にはU―17日本代表としてU―17ワールドカップ(W杯)UAE大会に出場したほか、2014年のW杯ブラジル大会では当時17歳ながら日本代表のトレーニングパートナーとしてチームに帯同した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月14日のニュース