菅原、先発奮闘も10戦ぶり敗戦「チャンス決められなかったのが敗因」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

欧州リーグ1次リーグ最終戦 L組   AZアルクマール0-4マンチェスターU ( 2019年12月12日 )

マンチェスター・ユナイテッド戦で攻め込むAZアルクマールの菅原
Photo By 共同

 AZアルクマールのDF菅原は右ウイングバックで先発し、積極的にシュートを放つなど後半23分に退くまで奮闘したが、チームは公式戦で10試合ぶりに敗れた。

 マンチェスターU相手に前半は互角に戦ったものの、後半は立て続けに4失点。「前半は僕らのサッカーができていた。チャンスも多くあった中で得点を決められなかったことが敗因の一つ」と唇をかんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月14日のニュース