湘南、徳島戦に勝って激動の1年残留締め 浮嶋監督「自分たちのサッカーを」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

湘南の浮嶋監督
Photo By スポニチ

 湘南は14日、J1参入プレーオフ決定戦でJ2で4位の徳島と対戦する。この日は決戦に備えて神奈川県内で非公開練習を行った。引き分けでもJ1残留となるが、浮嶋監督は「勝つことを意識したい。自分たちのサッカーを大事にしたい」と、湘南らしさを前面に出す。

 チョウ貴裁(チョウキジェ)前監督のパワハラ問題で8月中旬からチームは混乱したが、終盤戦はらしさが戻った。DF坂も「徳島は一人一人は技術があって何がやりたいか、はっきりしている」と分析し、自信を見せる。昨年6月まで徳島に在籍していたFW山崎も「知っている選手が多いし楽しみだが、湘南のヒーローになれるように頑張る」。勝って満員のBMWスタジアムで有終の美を飾る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月14日のニュース