仲川、本職ウイングも右シャドーで「いろんなバリエーションを見せられたら」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

東アジアE―1選手権   日本―香港 ( 2019年12月14日    釜山九徳 )

パス回しの最中に転倒した橋岡(右)を笑う仲川
Photo By スポニチ

 日本代表の仲川の右シャドーの位置で先発することが濃厚となった。本職はウイングで、シャドーは大学4年時に練習参加した浦和で経験した程度。それでも「新たな自分の開拓というか、いろんなバリエーションを見せられたら」と前を向いた。

 この日は香港の有力紙である明報にインタビューされ、取材したウィリアム記者は「香港でもJリーグは人気。あんなに小さいのにMVPを獲ったからね」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月14日のニュース