鹿島安部母校 瀬戸内が初出場初勝利 FW中川先制弾を守り切る

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   瀬戸内1―0東京都市大塩尻 ( 2019年1月2日    西が丘 )

<東京都市大塩尻・瀬戸内>先制点を決め喜ぶ瀬戸内・中川(右)(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 瀬戸内(広島)は初出場で初勝利を挙げた。

 前半22分に2年生FW中川が一瞬の隙を突き左足で先制弾。「相手が目の前にいてゴールは見えなかったけど、枠に飛ばすように蹴った。うれしかった」と振り返った。OBにはJ1鹿島のFW安部がいる。世界で戦う先輩について佐々木主将は「刺激を受けています」と誇らしげだった。

 ▼東京都市大塩尻高橋監督 立ち上がりからプレスに行くよう指示したが、ボールを支配されてリズムが相手に傾いてしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年1月3日のニュース