前橋育英 連覇へ2―0好発進!攻撃力は“昨年以上”

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   前橋育英2―0宇和島東 ( 2019年1月2日    浦和駒場 )

<前橋育英・宇和島東>前半、前橋育英・室井(右)はゴールを決め笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 前橋育英(群馬)は2―0で快勝し、連覇へ向けて好発進した。

 前半18分にFW室井が先制点を決めると、後半33分にはU―18日本代表でJ2松本入りが内定しているFW榎本が2点目を奪い試合を決めた。室井は「得点王を狙っているので、シュートの意識を持ちたい」と意欲的。榎本も「いい流れで点が取れた。点を取れば調子も上がる。昨年より攻撃力があるので爆発すれば」と優勝へ自信を見せた。

 ▼宇和島東MF立木 相手の方が技術も上、いい時間もチャンスもあったが決められなかった。でも楽しかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月3日のニュース