“ここ一番に強い”小嶺監督が絶賛!長崎総科大付 2年生千葉がV弾

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   長崎総合科学大付1―0浜松開誠館 ( 2019年1月2日    NACK )

<浜松開誠館・長崎総合科学大付>後半、ヘディングシュートを決める長崎総合科学大付・千葉(右から2人目)
Photo By 共同

 長崎総合科学大付(長崎)はフィールドプレーヤーでは2年生でただ1人先発したFW千葉が決勝点を挙げた。

 後半に入って交代も検討されたが、小嶺監督は「いつも大事なところで決めてくれる」と辛抱強く起用。期待に応えた千葉は「こういう大舞台で点を取れてうれしい」と表情を緩めた。主将の鈴木冬が大会直前にインフルエンザに罹患(りかん)。チーム状態は万全ではないが「選手権はお祭り。楽しんでもいい」(鈴木冬)と雰囲気は明るい。国見(長崎)で6度の優勝を誇る名将に率いられたチームが波に乗りそうだ。

 ▼浜松開誠館青嶋監督 前半に何度かチャンスはあったが、決め切れなかった。相手はよく走るチームで、そういった点でも上だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年1月3日のニュース