大津 九州対決制す!2戦5発大竹は“大迫超え”意欲

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   大津2―2(PK4―2)大分 ( 2019年1月2日    フクアリ )

<大津・大分>後半、2得点目のゴールを決めた大津・大竹 (左)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 勢いに乗る“伏兵”の活躍で、大津(熊本)は2度追いつかれてPK戦までもつれた九州対決を制した。

 古閑監督は「大竹が2点取ってくれたので有利に試合を運べた」と桐光学園戦のハットトリックに続き、2戦5発の背番号8を称賛した。J1湘南入りする主将のDF福島、MF水野とDF吉村のU―18日本代表コンビらから主役の座を奪う大暴れに「2試合で5点も取ったことがない」と大竹も驚き。同会場の前の試合で3得点した立正大淞南の藤井と得点ランク首位に並び「目標は10得点以上」。藤井と同様に大迫超えを宣言し、次の青森山田との優勝候補対決を見据えた。

 ▼大分MF重見(後半に一時は同点に追いつく左足ミドル弾)勝ちたかったし、いけると思ったけど最後に球際や気持ちで差が出た。3年生の思いを背負ったので、来年絶対に全国制覇したい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月3日のニュース