「尚志のイニエスタ」坂下弾!指揮官絶賛MF活躍で東福岡にリベンジ

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   尚志2―0東福岡 ( 2019年1月2日    浦和駒場 )

<東福岡・尚志>先制点を挙げる尚志・坂下
Photo By スポニチ

 「尚志のイニエスタ」と仲村監督に言わしめる3年生のMF坂下が先制弾を決め、前回大会は0―3で完敗だった優勝候補の東福岡に雪辱を果たした。前半31分。U―17日本代表の2年生FW染野が3枚のDFに囲まれるも、ドリブルでゴール前に進入し、シュート。こぼれ球を待ち構えていた坂下が右足を一閃(いっせん)し、先制した。「燃えていたので、自分の得点で勝ててうれしい」と笑顔で振り返った。

 前回大会は途中出場も、得意のミドルシュートやチャンスメークができなかった。その悔しさを胸に武器を磨き、強豪撃破につなげた。3日は、連覇を狙う前橋育英とぶつかる。坂下は「勝ったことは今日で忘れて、試合に向け準備していきたい」と淡々と次戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月3日のニュース