旭川実 PK練習実らず…2年生GK小竹はリベンジ誓う

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   旭川実2―2(PK16―17)帝京長岡 ( 2019年1月2日    NACK )

<第97回全国高校サッカー選手権 帝京長岡・旭川実>PK戦の末に敗れた旭川実イレブンがスタンドにあいさつする (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 旭川実(北海道)は死闘のPK戦の末に涙をのんだ。

 19人目のキッカー、MF藤本のシュートが止められ、3年連続でNACK5スタジアム大宮で敗戦。全国4強を狙っていた富居監督は「ここを越えていかないといけない。力不足」と唇をかんだ。普段からPK戦を1人2本ずつ、計20本蹴る練習を取り入れているが実らなかった。2年生GK小竹は「集中力は切れなかったけど、悔しい」と次回大会でのリベンジを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年1月3日のニュース