主将不在何の!日本航空 2度目の出場で嬉しい初勝利

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   日本航空1―1(PK6―5)四国学院大香川西 ( 2019年1月2日    駒沢 )

<日本航空・四学香川西>後半24分 先制ゴールを決め歓喜する日本航空・江井(右)(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 日本航空(山梨)は主将不在ながら、6年ぶり2度目の出場で初勝利を挙げた。

 後半24分、左サイドからのクロスをファーサイドで受けた江井が左足で先制ゴール。追いつかれたがPK戦を制した。大会前の公式戦で退場となった塚越主将が出場停止。江井は「3年間引っ張ってくれた。この舞台に立たせようと思ってプレーした。勝って良かった」と主将に復帰舞台を整え笑顔だった。

 ▼香川西大浦監督 後半は2、3点入れられてもおかしくなかったが、よく粘ってくれた。1年生が6人先発して、良い経験になった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年1月3日のニュース