丸岡 川中“父子弾”で3回戦進出「父を超えたい」

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権2回戦   丸岡1―0米子北 ( 2019年1月2日    駒沢 )

<米子北・丸岡>後半25分 先制ゴールを決め歓喜する丸岡・川中。右は北(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 丸岡(福井)は1年生のFW川中が決勝点を決めた。

 後半25分、右サイドからのクロスにゴール前に飛び込み、右足で押し込んだ。「中に入れてくるのは分かっていたので“来た?”と思った」。父・勝弘さんは同校OBで選手権で3得点しているという。同じ背番号14をつける“後輩”は「(父を)超えたいですね」。次戦以降もゴールを狙う。

 ▼米子北中村監督 決定機の数で言うと完敗。同じタイプ同士だったが、攻守の切り替えの早さで相手が上回った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年1月3日のニュース