イラク戦へ約2時間練習 酒井宏は別メニュー続く

[ 2012年9月9日 19:55 ]

イラク戦に向け調整する香川(左)ら

 サッカーの日本代表は9日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選第4戦のイラク戦(11日・埼玉スタジアム)に向け、さいたま市内で香川(マンチェスター・ユナイテッド)本田(CSKAモスクワ)や追加招集された槙野(浦和)らが約2時間、厳しい残暑の中で調整した。

 報道陣に公開した冒頭部分は、脚や頭を使ったバレーボールのような練習で汗を流した。何人かが跳び上がってのボレーを披露するなど、重要な一戦が近づくにつれて体調面も上がっている印象だった。

 左足首痛の酒井宏(ハノーバー)は3日続けて軽いランニングなど別メニューで調整した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月9日のニュース