猶本勝っても悔し涙 初快挙も「金メダルが良かった」

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<ナイジェリア・日本>涙ぐむ猶本

U-20女子W杯3位決定戦 日本2-1ナイジェリア

(9月8日 国立)
 試合終了のホイッスルとともに猶本はその場に泣き崩れた。仲間に支えられ立ち上がったが表彰式後、再び涙が止まらなくなった。「悔しかった。金メダルが良かったです。アメリカが喜んでるのを見て悔しくなりました。またサイドから見る側になっちゃったので」

 “ポスト沢”として注目を集めた今大会。フィールドプレーヤーではDF土光と2人だけ全6試合にフル出場した。しかし、最終戦ではパスミスが目立ち、簡単にボールを奪われるなど精彩を欠いた。「6試合で一番ダメだった。パスミスも多かったし、予測してボールを奪うこともできなかった」と肩を落とした。それでも、3週間で6試合をこなしたハードなスケジュールの影響については「(疲れは)言い訳にはならない」ときっぱり言い切った。

 大会前に掲げた目標には手が届かなかったが、得たものは少なくなかった。「初めてこんなに注目された中で(試合を行い)不安や緊張もありました」。1次リーグの初戦メキシコ戦で約9500人だった観客が、試合を重ねるごとに増え続け、この日は約3万1000人まで膨れ上がっていた。「お客さんの応援はパワーになった。仲間が支えてくれたから、ここまでこられた」

 次なる目標はなでしこジャパンのメンバー入り。第一歩はクラブでのスタメン奪取だ。所属する浦和の村松浩監督は「(今大会で)自信を深めたのはプレーを見ていて伝わってきた。それを今度はリーグ戦につなげてほしい。その可能性は十分にある」と期待した。猶本自身は準決勝ドイツ戦以降、つなぎ役をこなせなかったことから「判断とスピード」を今後の課題に挙げた。大舞台で味わった悔しさと経験を3年後のW杯につなげる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月9日のニュース