広島、地域リーグに負けた J1チーム史上2度目

[ 2012年9月9日 06:00 ]

天皇杯2回戦 広島1-2FC今治

(9月8日)
 広島がまさかの2回戦敗退だ。開始直後に先制され、後半30分にFKから佐藤が左足でシュートを決めてようやく追いついたが、同42分に勝ち越し点を奪われた。

 J1のチームが地域リーグのチームに敗れるのは、09年の浦和(松本山雅に0―2)以来2度目。試合後、森保監督は「言い訳のできない結果になってしまった」と落胆。「入りのところでうまくいかなかったことが試合に大きく影響した」と敗因を語り、「リーグ戦に切り替えたい」と苦渋の表情で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月9日のニュース