長谷部 ジーコに恩返しを!06年W杯は代表落ち「順序があると言われた」

[ 2012年9月9日 08:11 ]

手を使ったパスゲームで長谷部(右)と競り合う本田
Photo By スポニチ

W杯アジア最終予選グループB 日本―イラク 

(9月11日 埼玉)
 長谷部誠は敵将ジーコに“恩返し”を誓った。初代表に招集されたのがジーコ監督時代の06年1月。だが直後のW杯ドイツ大会では無念の代表落ちを味わった。「代表には(貢献度などの)順序があると言われて…。当時は欧州の牙城を崩せませんでした」。

 あれから6年。今や日本代表の主将も任される存在に。UAE戦ではコンディションが万全ではなかったが「成長したところを見せたい」と気合が入っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月9日のニュース