史上初の珍事…3試合全て0―0で3カ国優勝

[ 2011年6月8日 06:00 ]

 キリン杯は3試合全てスコアレスドローに終わった。

 キリン杯がFIFA公認の国際Aマッチ大会となった92年以降、日本代表の2試合がともに0―0だったのはベルギー、ペルーと戦った99年大会に次いで2度目で、この時はベルギー―ペルー戦が1―1の引き分けで両国が優勝となった。今回のような3試合全て0―0、3カ国優勝は大会史上初めて。

 <W杯南ア大会後最多、歴代5位の観客動員>観客は国内で行われた国際Aマッチでは歴代5位となる6万5856人を動員した。ザッケローニ監督の就任が決まり、原博実監督代行が指揮した昨年9月のパラグアイ戦(日産ス・6万5157人)を抜いてW杯南アフリカ大会後では最多。Jリーグは東日本大震災の影響もあって観客数が減っているが、無敗を続けるザックジャパンの人気は衰え知らずだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月8日のニュース