本当に?ザック監督「とても、とても、とても満足」

[ 2011年6月8日 06:00 ]

<日本・チェコ>サムアップするザッケローニ監督

キリン杯 日本0―0チェコ

(6月7日 日産ス)
 昨年9月の監督就任後初の2試合連続無得点。だが、ザッケローニ監督に悲観した様子はなく、試合後の会見ではいつにも増して冗舌だった。1日のペルー戦に続き新システムの3―4―3をテスト。前回は後半から慣れ親しんだ4―2―3―1に戻したが、この日は90分貫き通した。

 「短期間でこれほど進歩するとは予想しなかった。びっくりだ。足りなかったのはゴールだけ。内容にはとても、とても、とても満足している」

 特に収穫に挙げたのは攻撃面。2日間の練習で臨んだペルー戦では、慣れないシステムに戸惑う選手が多く、攻撃のチャンスをほとんどつくれなかった。その反省を踏まえ、この日は試合前に「攻撃のスタート地点と到達地点以外(の約束事)は忘れろ!」と指示を出したという。3バックのシステムを意識するあまり攻撃のスピードが遅くなることを危惧した指揮官の配慮だった。

 その期待に応えるようにストッパーの吉田、伊野波が何度も縦パスを送って攻撃をビルドアップ。さらには、新システムのカギを握る両翼の内田、長友がオーバーラップを繰り返して攻撃に絡んだ。「ペルー戦よりチームはコンパクトに保たれ、縦の意識も高かった」

 「日本人はスピードに優れたサイドMFとFWが多く生まれる。他の国だったらおそらく3―4―3はトライしなかっただろう」とまで言い切った。この日の引き分けで日本は国際Aマッチで14試合負けなし(PK戦決着は引き分け扱い)となり、歴代1位の連続無敗記録を更新した。ザックジャパンの進化は止まらない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月8日のニュース