意識改革を求める本田「サッカーは3、4人でやるわけではない」

[ 2011年6月8日 07:26 ]

<日本・チェコ>ゴールを奪えずに天を仰ぐ本田

キリン杯 日本0―0チェコ

(6月7日 日産ス)
 日本代表は7日、チェコと対戦して0―0で引き分けた。右FWでフル出場した本田圭佑(24)は、今後の個々のレベルアップの必要性に言及した。

 「個はチームに戻って意識するしかない。代表で集まった時に求めても遅いから。どれだけambition(野心)をもってやれるか。俺がよく話す連中(長友、岡崎ら)はそういうのを持ってるけど、サッカーは3、4人でやるわけではない。欧州組にはあまり休むなと言いたい。特に(吉田)麻也とかは若いしね」とチーム全体の意識改革を求めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月8日のニュース