C大阪 準々決勝で全北と再戦…乾「おもろっ!」

[ 2011年6月8日 06:00 ]

 ACL決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が7日、マレーシア・クアラルンプールであり、日本勢で唯一残ったC大阪は準々決勝で全北(韓国)と対戦することが決まった。1次リーグ同組で1勝1敗だった相手との再戦。今度こそ白黒つけて4強進出を決める。

 練習後に対戦相手を聞いたMF乾が「おもろっ!」と驚けば、主将のDF茂庭は「決着をつけるということですね」と早くも戦闘モードを漂わせた。対戦成績は五分も、C大阪にとっては不本意な思いしか残っていない。ホームでの一戦は乾の決勝弾で勝利を収めたものの、全北は主力8選手が不在だった。「ベストメンバー同士でやって借りを返したい」。エースの一発でガチンコ勝負にケリをつける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月8日のニュース