長友&内田“日本の両翼”に大きな可能性

[ 2011年6月8日 06:00 ]

<日本・チェコ>ドリブルでサイドを上がる長友だったがフブニクに阻まれる

キリン杯 日本0―0チェコ

(6月7日 日産ス)
 ザックジャパンのカギを握る「両翼」が、その威力を随所で見せた。9月からのW杯予選を見据え、試験的に導入された3―4―3布陣。攻撃のスイッチとして期待されたのが、右の内田、左の長友だった。まだまだ完成形には程遠いが、ザッケローニ監督は「ボールを追い越し、裏に抜ける動きが良かった。これを続けていけば…」と大いに可能性を感じた様子だった。

 序盤は内田が“ザックの考え”を体現した。前半12分、本田→長谷部とつなぎ、最後にゴール前へ飛び込んできたのが内田だった。従来のサイドバックではほとんど見られないエリアでのプレー。「まだうまくいくには時間がかかる。でも高い位置でボールを持つことに慣れれば面白い」。3―4―3の持つ攻撃力に魅力を感じていた。

 一方、長友は試合中から「後半勝負」を決め込んでいた。「前半は相手も警戒してた。後半、岡崎がいい感じの間をつくるようになってからはチャンスも増えた」。相手の疲労を待ち、自慢のスタミナ勝負に持ち込んだ。相手GKツェフの好セーブの前に得点を奪えなかったが、終盤の好機は、大半が左の長友を経由。日本代表戦歴代5位となる6万5856人観衆を沸かせた。

 4月には欧州CL準々決勝で相まみえ、世界を知る2人が見据えるのははるか上のレベル。もっと高く、より遠くへ、日本の両翼は羽ばたこうとしている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月8日のニュース