【中山グランドJ】王者オジュウチョウサンWコースで2馬身先着

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 中山土曜メイン、ジャンプG1「中山グランドジャンプ」の追い切りが東西トレセンで行われた。障害重賞5連勝中。ジャンプ界の絶対王者・オジュウチョウサン(牡6=和田郎)はWコースでデルマタッシャデナ(3歳未勝利)を7馬身追いかけ、石神が手綱をしごくと反応良く内からかわして2馬身先着した。

 「間隔が詰まっているので仕上げのさじ加減に気を使ったが、元気な状態で出せる。飛越は昨年以上に上達。精神面もタフになった。あとはジョッキーに任せる」と和田郎師。泰然自若、王者は淡々と爪を研ぐ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース