【皐月賞】トラスト、上がり重点追いで「ガラッと」良化

[ 2017年4月13日 05:30 ]

坂路単走で追い切られたトラスト
Photo By 提供写真

 トラストは1週前にCWコース併せ馬(7F97秒5〜1F11秒7)で負荷をかけられたため、今朝は坂路単走で4F55秒9〜1F12秒9と上がり重点の内容。

 中村師は「先週は時計こそ出ていたが、しまいの反応がいまひとつだった。ひと追いしてから、今朝はガラッと雰囲気が良くなって今にもはじけそうな手応え。いい状態で臨めそうだね」と出来に太鼓判。「小回りの札幌2歳Sが強い内容だったので、コースは問題ない。あとは内枠を引いてスムーズな競馬ができれば」と巻き返しへ力を込めた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年4月13日のニュース