【アンタレスS】東海S以来のグレンツェント、Wコースで収穫

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 東海S(1着)以来となるグレンツェントはWコースで5F67秒9〜1F13秒2。先行した外アサクサスターズ(6歳1600万)と併入した。

 距離不足のフェブラリーSを使わず5戦連続の1800メートル戦。加藤征師は「帰厩時の状態が凄く良く、追い切りも良かった。そこまで切れるタイプでないので坂はいいと思う」と手応え十分の口ぶりだった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース