【中山グランドJ】リベンジ燃えるアップトゥデイト6F81秒7

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 一昨年の覇者アップトゥデイト(牡7=佐々木)は、調教を強化してリベンジに燃える。最終追いはCWコースで直線強めに追われ、6F81秒7の好時計をマーク。佐々木師は「折り合いもついて気持ち良さそうに走っていた」と好感触を口にする。

 ここ2走はオジュウチョウサンに連敗。「オジュウさんを負かすには、この舞台しかない。前走を叩いた上積みもあるので」と反撃を誓った。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース