【アンタレスS】追ってひと言

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 ▼アスカノロマン(川村師)前走はハンデ58キロで最後の坂がこたえた。前走より状態はいいですね。

 ▼ショウナンアポロン(古賀史師)中2週でもすこぶる元気。前走はトモを落とした時にゲートが開いて、後手に回ってしまった。うまく先行できれば。

 ▼タムロミラクル(西園助手)追い切りはしっかりと負荷がかかって、いい動きをしていた。小回りでも勝っているけど、コースは広い方がいい。

 ▼ナムラアラシ(目野師)変わらず順調にきています。はまれば前走くらいの脚は使ってくれる。

 ▼ピットボス(清水久師)追い切りはこの馬なりの動き。ここから晴れ予報が出ているし、良で力のいる馬場の方がいい。

 ▼マイネルクロップ(飯田雄師)状態は変わりなく、この中間も問題なくきてます。もう少し走れてもいいんですけどね。

 ▼マイネルバイカ(山田泰助手)休み明けからの中では一番いい。8歳になっても頑張ってくれてます。

 ▼メイショウスミトモ(南井師)状態面は変わりなくいい感じ。惜しい競馬が続いているし、展開がうまく向いてくれれば。

 ▼モンドクラッセ(清水英師)前に馬を置いて気を抜かせないように追い切った。動きはいいし、好調をキープしている。

 ▼リーゼントロック(中谷)追い切りはいつも通りの動き。馬場も悪いし、時計がかかっているのは問題ない。前走は重賞でしっかり走っているし、どこまでやれるか楽しみ。

 ▼ロワジャルダン(斎藤助手)阪神への輸送もあるので単走でサラッと追った。調教量が豊富だし、体調は良い。前走は蹄鉄がずれるアクシデント。しまいがかかる展開になれば。

 ▼ロンドンタウン(牧田師)馬場は悪かったけど、追い切りの動きは十分。前走は少し遅れかけてから最後はきているし、ハンデ57キロもこたえた感じ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース