【皐月賞】アルアイン余裕の先着!池江師「全体的に上積みある」

[ 2017年4月13日 05:30 ]

CWコースで追い切るアルアイン(右)
Photo By スポニチ

 毎日杯の勝ち馬アルアインは松山が騎乗しCWコースで最終追い切り。3歳500万ソーグリッタリングを追い掛ける形で直線内に併せ、1馬身半の先着。余裕たっぷりに6F83秒9〜1F12秒1の時計をマークした。

 池江師は「今朝は軽く促す程度。動きは良かったし、全体的に上積みがあると思う」と納得の表情。「前走が強かったしタイムも速い。折り合いは全然問題ない。2000メートルも十分こなせると思う」と、どこまでも力強かった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース