【皐月賞】クリンチャー坂路鋭伸12秒7 持久力勝負願う宮本師

[ 2017年4月13日 05:30 ]

坂路を駆け上がるクリンチャー
Photo By 提供写真

 クリンチャーは藤岡佑を背に朝一番の坂路単走。活気のある動きで4F56秒1〜1F12秒7とシャープな伸び。「稽古は動かない馬で全体時計は気にしてなかったが、最後はいい反応だった。ジョッキーも好感触をつかんでくれたみたい」と宮本師。

 未勝利→すみれSと積極的な競馬で2連勝。「センスのいい馬で、使うごとに前向きさが出て時計が出るようになってきた。瞬発力勝負では分が悪いので、ある程度前が流れてくれれば」と持久力勝負を願った。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース