【皐月賞】インパルス1馬身遅れも菊川師「トモにパワーついた」

[ 2017年4月13日 05:30 ]

江田照を背に3頭併せで追い切られたコマノインパルス(右)
Photo By スポニチ

 京成杯勝ちのコマノインパルスはWコースでパワースラッガー(6歳1600万)、フジマサエンペラー(8歳1000万)との3頭併せで仕上げられた。初コンビの江田照を背に最内へ進路を取ると、いっぱいに追われて両馬に1馬身遅れ。

 菊川師は「相手は調教駆けする古馬だから問題ない。体調は上がっているし、トモ(後肢)にパワーがついてきた感じ」と好感触を得ていた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース