【アンタレスS】タガノエスプレッソ、CW伸び絶品12秒1

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 タガノエスプレッソは2週連続で北村友が稽古を付け、最終追いはCWコース単走追い。「先週は意識的に時計を出した。今回はしまい重点で良かったと思う」と北村友。その言葉通り、6F82秒8〜1F12秒1と伸びは絶品だ。

 2走前が初ダートでガラリ一変の勝利。前走は14着と大敗した。「もう少しやれると思っていたけど、気難しさを出したのか走ってくれなかった。1400メートルでせかすと良くないのかも」と振り返った。芝を走っていた時はマイル、1800メートルでV。距離延長もいい方に向きそうだ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース