【皐月賞】ダンビュライト重馬場13秒4 音無師は気性面に難色

[ 2017年4月13日 05:30 ]

坂路で併せ馬をするダンビュライト(右)とアメリカズカップ
Photo By 提供写真

 動きの良さならダンビュライトも屈指。坂路で同じ皐月賞に出走するアメリカズカップに2週連続で先着を果たした。普段より2秒以上時計のかかる馬場を考えれば4F53秒5〜1F13秒4の時計は悪くない。

 音無師は「見た目はダンビュライトの方が良く見えた。体も前走よりスリムになっている」とニンマリ。が、問題は気性面。「レース前にテンションが上がるところがマイナス。落ち着きさえ出てくればもっと走るんだが…」と厳しい表情だった。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年4月13日のニュース