【アンタレスS】休み明けミツバ、重賞初Vへキレキレ12秒1

[ 2017年4月13日 05:30 ]

アンタレスSへ態勢を整えるミツバ
Photo By 提供写真

 土曜阪神メイン「アンタレスS」の追い切りが栗東、美浦トレセンで行われた。ミツバは前走川崎記念(4着)の後、放牧へ。「去年からずっと使いっぱなしだったので、ここを使う予定で一度放牧に出しました」と加用師。帰厩してからもCWコースでビシビシと乗られ態勢を整えた。最終追いは松山(レースは横山典)が騎乗してビービーブレスユー(4歳1000万)と併せ馬。追走する形を取り、ラストは半馬身抜け出してフィニッシュ。6F85秒6〜1F12秒1としまいはシャープに動いた。

 「リフレッシュできた状態。動きは良かったと思う。前走は小回りの地方でコースも合ってなかった」

 2カ月以上の休み明けが【4・1・0・0】と、鉄砲駆けするタイプ。この舞台で3勝と“買い材料”にこと欠かない。オープン5戦目にして重賞初Vのチャンス。ミツバがダート戦線に新しい風を吹き込む。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年4月13日のニュース