【アンタレスS】逆襲誓うモルトベーネ、しぶった馬場で好時計

[ 2017年4月13日 05:30 ]

 モルトベーネが前走、名古屋大賞典4着から巻き返しに燃える。最終追いは坂路で攻めの調整。ラストは右ステッキが3発、4発と入り4F53秒4〜1F12秒9。前日の降雨でしぶった馬場を考えれば、この時計は速い。

 松永昌師も「時計は優秀やったね。しまいまでしっかりしていた。状態はいいと思う」と満足げ。「前走は馬場が敗因。阪神では勝っているし、コースも問題ない」。【1・0・1・2】と良績の舞台で重賞初Vを狙う。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年4月13日のニュース