【皐月賞】アダムバローズ馬なり12秒2 マイペースで好勝負を

[ 2017年4月13日 05:30 ]

CWコース単走で追い切られたアダムバローズ
Photo By スポニチ

 アダムバローズはCWコース単走で6F86秒5。直線でGOサインが出ると、自らハミを取りラスト1F馬なりで12秒2の好時計をマークした。角田師は「前走と同じ調整。力みもなくリラックスして走れていた」と好感触。

 前で押し切る競馬が板に付いて若駒S→若葉Sと連勝。ともに鼻差の辛勝だが、並ばれて抜かれない勝負根性は特筆もの。「先行してどこまで粘れるか。自分のペースで走れればコースは問題ない。相手は強いが気楽な立場で臨めるので」と好勝負を意識した。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年4月13日のニュース