富田麻帆 20日開幕舞台で新境地、卑わいなセリフやあえぎ声も

[ 2021年3月20日 05:30 ]

舞台「サイドウェイ」で激しいあえぎ声などの新境地に挑む富田麻帆
Photo By 提供写真

 女優の富田麻帆(33)が、20日に開幕する舞台「サイドウェイ」(東京芸術劇場シアターイースト)で新境地に挑む。

 米アカデミー賞脚本賞を受賞した同名の米映画(04年)を舞台化した作品。主人公が親友と男2人のワイナリー巡りに出かけ、ワイナリーで働く富田は主人公の親友と男女の仲になる。卑わいなセリフやあえぎ声を出す場面もあり「今まで舞台上で、いや人生で発したことがない言葉を羅列するんです。男性がよく見るようなものを見て研究しました」と明かした。

 18年からアニメや舞台などで展開されている「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」に出演中。主戦場とする舞台だけでなく、声優としても人気を集めており「声だけの表現は難しい。まだひよっこなので、経験を重ねたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月20日のニュース