TBS安住アナ 岡江さんに感謝「どれだけ心強かったか…」 新人時代から「はなまる」で10年間共演

[ 2020年4月26日 17:30 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(46)が26日放送のTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜前10・00)で、23日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった女優、岡江久美子さん(享年63)を偲んだ。

 安住アナと岡江さんはTBS系「はなまるマーケット」で約10年間共演。「私は新人の頃から少し癖の強いタイプでしたので。ただ、その私の癖を一番最初に面白がってくれたのが、岡江さんだったと思います」と振り返った。

 また、岡江さんと共演時のエピソードも紹介。「私がスタジオでなにか余計なことを話し始めた時などは、正面にいるスタッフは嫌な顔をしているんですけれども」と状況を説明してから、「横に並んでいる、私の左側にいた岡江さんだけが私の方を向いてニヤニヤしている、そんな気配が伝わってきて、それが私にとってはどれだけ心強かったかしれません」と思い出を語った。

 「感謝の気持ちが今でもあります。本当に頼れる、そして年下の私たちに仕事のおもしろさを教えてくださいました」と岡江さんへの感謝を述べ、「本当に残念でさみしいです」と悲しみを吐露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月26日のニュース