欅坂46守屋茜 ステイホーム報告 料理にハマり「トマトケチャップもないからそこから作りました」

[ 2020年4月26日 14:53 ]

欅坂46の守屋茜
Photo By スポニチ

 欅坂46で副キャプテンを務める守屋茜(22)が26日、ニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」(日曜正午)に電話出演した。

 スタジオにはパソコンで映像も届けながらトーク。パーソナリティーのタレント・土田晃之(47)は、「バーチャル刑務所の気分だよね。俺、悪いことして娘が会いに来てくれたのかなみたいな…娘が面会にきてくれた」ような生放送中の雰囲気を伝えた。

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言で外出を自粛しているが、アイドルも同じ様子。「お仕事とかは、お家でできることだけやってます」と説明。欅坂46のメンバーたちとは「会ってないんですけど、テレビ電話とかでオンラインでは、やり取りしている感じです。延々にお互いの近況とか、何してるの?とか、ずっと話してます」と明かした。

 自由時間は「映画とかドラマを見たりとか。ネットで見れるモノとか」で過ごしているといい、「このままだと、やばいと思ってストレッチとかはしてます」とステイホームぶりを紹介。

 また「自炊とか増えてて逆に健康的な気がします」と外食ばかりの生活から一変。「ここまで時間があるとみんな料理しているみたいですよ。私もハマっちゃって。今日は朝からオムライスつくりました。トマトケチャップもないからそこから作りました」と調理も本格的になっているようだ。

 在宅中のレッスンは「動画で、こういうトレーニング、みたいなやつが送られてきて各自で」と説明。ただ普段のような「直接目の前で教えてもらう方が(身に)入りますけどね」と本音も。

 自宅組のメンバーは「犬飼っている子とかは、お散歩するとか」している様子も報告。最後に番組には、デビュー曲「サイレントマジョリティー」をリクエストした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月26日のニュース