フリーアナウンサーの小島一慶さん 肺がんで死去 75歳「ぴったし カン・カン」2代目司会などで人気

[ 2020年4月26日 05:32 ]

肺がんで死去していたことが分かった小島一慶さん
Photo By スポニチ

 TBSの深夜ラジオ「パックインミュージック」のパーソナリティーなどを務め、1970代から80年代にかけて絶大な支持を集めたフリーアナウンサーの小島一慶(こじま・いっけい、本名一慶=かずよし)さんが23日、肺がんのため、都内の病院で死去した。75歳。長崎県出身。

 TBSの局アナながらいくつもの冠ラジオ番組を持ち“ラジオ界のレジェンド”として人気を博した。深夜番組で若者層を開拓。TBSの後輩生島ヒロシ(69)も「話のデフォルメをさせたら当代一だった」と敬意を抱く存在だった。

 小島さんは元々役者志望で舞台中継を希望していたが、68年にTBSに入社してアナウンサーに。独特の甲高い声と軽妙な語り口が持ち味で、先輩の久米宏に続いて人気番組「ぴったし カン・カン」の2代目司会者を務めた。90年に同局を退社し、フリーに転向。

 91年に不倫騒動で番組を降板。その後もバラエティー番組「どうぶつ奇想天外!」のナレーションなどを担当したが、再び女性問題を起こし、08年12月に降板した。2014年に復帰後はラジオを中心に活動していた。

 ◆小島 一慶(こじま・いっけい、本名かずよし)1944年(昭19)10月2日生まれ、長崎県出身。68年に日本大学芸術学部放送学科を卒業し、TBSに入社。69年にTBSラジオ「ヤングポップス1010」のDJに抜てきされる。70年に「パックインミュージック」を担当。77年に「ロッテ歌のアルバム」でテレビ初登場。84年に「ぴったし カン・カン」でゴールデン帯初のメイン司会を担当した。90年に同局を退社し、フリー。趣味は麻雀、俳句など。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月26日のニュース