岡江さん追悼番組「終着駅シリーズ」で片岡鶴太郎が追悼メッセージ、長年夫婦役

[ 2020年4月26日 21:30 ]

岡江久美子さん
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は26日、新型コロナウイルスによる肺炎のため23日死去した女優・岡江久美子さん(享年63)の追悼特別番組として、ドラマ「森村誠一ミステリースペシャル・終着駅シリーズ~雪の螢」を放送した。

 同ドラマは今年1月9日に放送されたもので、岡江さんは「終着駅シリーズ」の第7作「街」(1997年3月22日放送)から約23年間にわたって主人公・牛尾正直刑事(片岡鶴太郎)の妻・澄枝役を務め、この作品が最後の出演作となった。

 オープニングで、岡江さんと長年夫婦役を務めた牛尾刑事役の片岡と「終着駅シリーズ」全作品の演出を手掛けてきた池広一夫監督の追悼メッセージが流れた。コメントは以下の通り。

【片岡鶴太郎 追悼メッセージ】 もう何十年も夫婦役でご一緒してきました。まだ、私の隣には、あなたの御声も、若く美しい御顔も、存在しております。これからも私たちを見守っていてください。今はただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

【池広一夫監督 追悼メッセージ】 また一人、いい役者が消えていきました。人柄が好きで、牛尾刑事のかみさん役は久美さんそのままで演ってもらいました。わずか数シーンの夫婦の芝居が、いい味を出してくれました。特別編も含めて46作品23年間、おつかれさま。ありがとう。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月26日のニュース