海老蔵、團十郎襲名への心境「心細い…父も、支えてくれるはずの麻央もいない」

[ 2020年2月8日 05:30 ]

会見で言葉を交わす市川海老蔵(右)と堀越勸玄くん(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が7日、「十三代目市川團十郎白猿」襲名披露興行(5~7月、東京・歌舞伎座)の会見に出席した。「勧進帳」「助六由縁江戸桜(助六)」といった市川宗家ゆかりの演目を中心に上演することを発表。八代目市川新之助を襲名する長男の堀越勸玄(かんげん)くん(6)は、明治以降史上最年少となる若さで「外郎売(ういろううり)」の主演を務める。

 【海老蔵に聞く】
 ――勸玄くんの外郎売について。
 「相当高いハードル。五輪もありますから、伝統をレガシーとして残していくという意味で、成田屋の伝統文化を継承してほしい」

 ――海老蔵襲名時との変化は?
 「一言で表すと心細い。父親がいないですし、本来支えてくれるはずだった(小林)麻央もいない」

 ――自身の成長、変化の実感は?
 「私も変わってきてる。遊びにも行かなくなった。昔は芝居が終わったら遊びに行っていた。人との交流は大事ですから、遊びに行く努力をした方がいいのかな」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月8日のニュース