ジャニーズWEST・桐山、関西弁で舞台「ロミオとジュリエット」柄本時生と“ラブラブ”!?

[ 2020年2月8日 05:31 ]

舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」の取材会を行った(左から)演出の鄭義信氏、段田安則、桐山照史、柄本時生、八嶋智人
Photo By スポニチ

 ジャニーズWESTの桐山照史(30)が7日、東京・Bunkamura シアターコクーンで、8日開幕の舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」の取材会を行った。

 3月4日まで同所で上演。出演者は男性のみ、全員関西弁という新しい「ロミオとジュリエット」で、桐山がロミオ、柄本時生(30)がジュリエットを演じる。桐山は柄本について「なぜか、稽古を踏めば踏むほどいとおしくなってくる」とラブラブぶり?を見せつけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月8日のニュース